スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
仮設暮らしの不便さを補おう ~風除室設置ボラ~
地震により、我が家に戻れずに仮設住宅で新年を迎える栗原市の
花山地区・耕英地区の被災者の皆さん。
世の中の不況の風が疲れた避難生活に追い打ちをかけます。
そのうえ栗駒山からの北風をまともに受ける被災者の皆さんの
仮設暮らしの不便さを補おうと、ボランティアが動きました。
DSC04635_convert_20081209225641.jpg

今回の仮設住宅には、高齢者用にスロープが設置されました。
しかしながら、斜度が当然あり、どうしても隙間が生じてしまいます。
北からの風をもろに受けながら冬を暮らすことになります。
風だけではなく、勿論雪も吹き込みます。
冬の仮設暮らしを予想できなかったのが残念です。

高齢者ばかりの世帯で、風除けを取り付ける労力も難しく
そして材料を購入するにも、私財を切り崩してのぎりぎりの生活からは難しいところです。

そんな、仮設暮らしの不便さを解消しようと今週末の13,14日と
20日に風除室の設置作業をボランティアで行います。
13,14日は花山地区の仮設、20日は耕英地区の仮設で作業を行います。
作業への参加者及び資材購入費の募集をします。
皆さんのご協力をお待ちしております。
詳しくは、024-954-7959まで
(ハートネットふくしま留守番電話対応の時有り)
応援の会は、常駐者不在ですのでメールにて連絡ください。
:kurikomakouei@yahoo.co.jp


[2008/12/09 23:02 ] | 活動
徒然と・・
徒然と・・

11月上旬までくりこま応援の会のスタッフとして活動していた尾澤君の送別会のひとこま。
DSC00486_convert_20081205201826.jpg

10月の新潟県小千谷市で開催された「地域復興交流会『心の駅』」において
オールとちぎが宮城県くりこまで被災地復興支援活動をしていることの紹介があり、
その活動に賛同していただいた参加者の皆様から多くの募金を預かってきました。
その小千谷市ほか新潟県で活動されている方々から預かった募金を、
宮城県のくりこまに届けさせていただきました。
おぢや元気プロジェクトの皆さん、中越の皆さん、ありがとうございました。
[2008/12/05 20:20 ] | 未分類
外は寒いが足湯でぽかぽか   くりこまで足湯
11月30日、くりこま応援の会を会場に、「みやぎ学生足湯隊」のみなさんが
耕英地区の避難住民向けに足湯のサービスを実施してくれました。

外は風が冷たい一日でした。足元からあったまり、こころもからだもぽかぽか!
足湯が終わって談笑中のみなさんです。
20081130_ashiyutai_(3)_convert_20081202200422.jpg


 足湯に浸かっている間は、手もみマッサージも。真剣な様子の足湯隊Dくん。
20081130_ashiyutai_(1)_convert_20081202200653.jpg


 こどもたちは、たらいのお湯で大はしゃぎ。
足湯隊Sくん、ちょっと待った!の声もでず・・・あぁ~
20081130_ashiyutai_convert_20081202200819.jpg

 手もみマッサージを練習するMくんとkくん。
20081130_ashiyutai_(11)_convert_20081202200929.jpg

 今回参加の足湯隊のメンバーです。
 足湯がひと段落して、カレー提供の前に通信の帳合を手伝ってもらいました!
 紅一点が代表のSさん。みんな、ありがとう~^^!
20081130_ashiyutai_(13)_convert_20081202201121.jpg


また、今回の活動が河北新報に掲載されました。
「足湯でホッ 学生が栗原の住民慰問」
購読されている方は、是非チェックしてください!




[2008/12/02 20:19 ] | 活動
徒然と・・
徒然と・・
ランダムで写真を紹介してゆきます。



10月 連日イベントでイワナを販売しました。
応援の会スタッフの尾澤君も作業に参加している様子です。
DSC00279_convert_20081130200833.jpg


で、そのイベントで餅つきをしている尾澤君。
DSC00284_convert_20081130201156.jpg


いまは何をしているのかな~オザワ君


[2008/11/30 20:16 ] | 未分類
くりこまへ
20081125_(1)_convert_20081126224025.jpg
震災からもうすぐ半年になるくりこま。
16日、22日の2週に渡り、ボランティアが山に上がって活動しました。
16日は、雪囲いの設置を行いました。
22日は、思いのほか早い降雪で雪かき作業を行いました。
宮城県内だけでなく県外からも多くの参加者がありました。
参加された皆様、大変ありがとうございました。

今回のプロジェクトを最後に、常駐スタッフの菅原さんが活動を終了しました。
菅原さんが築き上げた耕英地区の皆さんとの関係性を大切に
今後も被災地復興に向けて活動を続けていきたいと思います。

さて、日曜日開催の「元気カレー」に毎週通っている仙台のスタッフの
撮影した栗駒山の様子を、定点観測で皆さんにお伝えして行きます。
撮影場所は、ニトリ駐車場です。

                    とちぎの長女


[2008/11/26 22:57 ] | つぶやき
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。