スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
笑顔に包まれた「餅つき」

前日からの雪が降り続く12月28日(日)、応援の会にはたくさんの笑顔があふれました。
応援の会の外では、久々の杵を手に若々しい姿を披露したおじいちゃんの笑顔、
初めての餅つきのように恐る恐る杵を振り下ろすボランティアに対する声援、
前日からの雪に大きな雪だるまを作りはしゃぎまわる子供たち。
mochituki_362_convert_20090115220728.jpg
mochituki_373_convert_20090115220858.jpg

応援の会の中では、元料理長のTさんが作るお雑煮や、
お母さん方がゴマを摺り味をつけた「ゴマあん」や「おこし大根」、
「きな粉」「納豆」等の幾種類もの餅が準備され、
集まった皆さんに「おいしい」と大好評でした。
mochituki_367_convert_20090115220547.jpg
少し早いお正月気分を全員で満喫し、楽しいひと時を過ごしていただきました。

また当日は、栃木や福島、宮城等からの10数人のボランティアが朝から「鏡餅」をつくり、
正月らしい「金銀の折鶴の飾り」とともに、各世帯へ配布しました。

あの6月14日の震災被災から半年を経て、2008年が過ぎて行きました。
新たな2009年が耕英地区の皆さんにとって新たなスタートの年です。
「金銀の折鶴のように復興に向けて強く飛び立つ飛翔の年となりますよう」、
「何よりも新年が本当に良い年になりますように」、
被災した方々と共に、ここに関わる多くの人の心からの願いです。
スポンサーサイト
[2009/01/15 22:10 ] | イベント
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。