スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
宮城県県会議員団と座談会
DSC00193.jpg
DSC00189.jpg
DSC00192.jpg
DSC00190.jpg
DSC00191.jpg
DSC00191.jpg
DSC00195.jpg
DSC00196.jpg
昨日、くりこま応援の会カレーを耕英の皆さんと食べた後、午後7時より宮城県選出参議院議員1名、宮城県県議会議員10名、栗原市議員1名、と耕英地区住民50人と座談会が行われました。耕英地区のみなさんから出た要望は避難指示により行政の指導のもと、山からおりて早くも3ヶ月が過ぎ、山で観光業、農業、イワナ養殖などで生業を営んでいた。それが6月14日の地震以降収入が断たれている。法のもと強制的に生業を営んでいた栗駒耕英地区から退去せざる終えなかった。そのような事情を考慮して、1、避難指示解除までの生活支援をお願いしたい。2、来年の山に帰る準備をするにも避難指示解除の明確な基準項目を出してほしい。この2点の意見が多かったです。いくら仮設住宅を用意され、税金などの減免処置があっても日々暮らしていくには現金が出て行きます。いざ、避難指示が解除され、山に帰る時にその余裕がなければ山に帰ることは出来ません。
スポンサーサイト
[2008/09/29 17:59 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<援農ボランティア大募集!! | ホーム | 青木さんの特製グリーンカレー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。