スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
クリスマスだよ☆カレーの日
クリスマスカレー&伊勢えび汁
もうすぐクリスマス。
12月22日(日)は、いつもよりちょっぴりおしゃれなカレーと
クリスマス風のデザートをお出ししました。
耕英の料理長さんが作ってくださった「伊勢えび汁」も登場!
まるでクリスマスとお正月が一度に来たようでした。

今日のカレーは、いつもお手伝いに来てくれる地元の子供たち作です。
50人分の材料を準備して野菜を洗い、皮をむき・・・。
大量の玉ねぎに涙をボロボロ流しながら作ったカレーはいつもより美味しいカレーになりました。
20081221_carry_(3)_convert_20081226221411.jpg
いつもカレーが出来上がる頃にお帰りの時間となる子供たち。
今日のお昼は特別に子供たちと一緒にカレーを食べましょう。
自分たちで作ったカレーはとびっきり美味しかったようですね。
大丈夫?と思うほど山盛りのカレーをペロリと食べてしまいました。
「今はもう入らないよ~!」
「じゃあデザートはおやつの時間にしょうね。」
イチゴのサンタ、クッキー、ケーキにチョコ。
DSC04741_convert_20081226221149.jpg
地震発生から6ヶ月。
ずーっと頑張って手伝ったくれた子供たちに感謝を込めてクリスマスプレゼント。
「わー!サンタクロース!」大喜びの子供たちでした。

みんなお家でクリスマスだったのでしょうか?いつもより人が集まりませんでしたが、
クリスマスカレーは子供たちに人気がありました。
自分で好きなだけトッピング。
何回もおかわりしていた子どももいましたよ。
いちごサンタ
イチゴを提供してくださったイチゴ農園のご夫婦も来てくださって
「わー!うちのイチゴがこんなにかわいくなったの~?」と喜んでくださいました。
おかげさまでかわいいサンタがたくさん出来ました。

調理長さん作の「伊勢えび汁」はひとくち口にすると「わ~!おいしい!!」
こちらは特に大人に大人気。
雎ェ闖ッ迚・convert_20081226221730
本当に美味しい伊勢えび汁でした。
すっかり寒くなった栗駒ですが、心も体もポッカポカ。体の芯から暖まりました。
食事のあと「メリークリスマス!」と言いながらテーブルの間を回っている子ども。
クリスマスの歌をうたっている子ども・・・。
満足そうな子供たちの様子を見ていると私達も嬉しくなりました。  

                                      中村
スポンサーサイト
[2008/12/24 22:05 ] | カレーの日
いちごのサンタがやってきた
いちごサンタ



応援の会にいちごのサンタがやってきた!

[2008/12/23 13:46 ] | カレーの日
震災から6か月 復興イベント開催
報告が遅くなりました。先週の様子です。

震災から半年の14日、被災地各地で様々なイベントが開催されました。
耕英地区の皆さんが、震災直後にヘリで山から下ろされ2か月近くの避難生活を送った“伝創館”で、
ハローマイフレンド企画による、チャリティーコンサートが開催されました。
DSC04713_convert_20081223130308.jpg
今回歌声を披露してくれたのは、“くりでんライブ”として、
くり電の駅のホームでのライブの開催などで、被災地を応援してくれている「新谷和人さん」。
他に仙台出身の男性2人組アコースティックユニット「イケメンズ」、
アフリカの打楽器’ジャンベの演奏チーム「ぽれぽれ」他の皆さん。

伝創館には、復興の会の皆さんが手作りした、
Tシャツ型の新聞で作った万国旗が飾られていました。
20081214_kurikoma_(19)_convert_20081223130454.jpg
旗には、これまで応援してくれた方々への感謝の気持ち・
復興に向けて頑張ろう!という前向きな気持ち・
耕英の特産品である「いちご」「イワナ」「高原大根」そして栗駒山の絵など、
故郷に帰ろう!という思いが描かれていました。

そして、会場となった伝創館の入り口付近には、食品ブースがイベントを盛り上げてくれました。
DSC04692_convert_20081223130624.jpg
イベントといったらイワナです。
復興の会さんが今回も、大きく育ったイワナを販売。
味は勿論のこと、食べ応え十分の大きさに、食べた後活力がみなぎってきました。
また今回は、東松島の皆さんが、牡蠣汁をふるまって下さいました。
牡蠣の蒸し焼きやチャンチャン焼きやいくらなど、御馳走をいただきました。
DSC04690_convert_20081223130742.jpg
牡蠣汁は、冷えた体を温めてくれました。(感謝)
他にも、震災直後から伝創館前で食事の提供をしてくださったスワンキー・クールさんによる
焼き鳥やホットケーキにテリヤキサンドなどなど。

そして栃木からは、定番となった餃子を販売しました。
20081214_kurikoma_(13)_convert_20081223130910.jpg
この餃子の販売も、先の中越地震被災地の新潟県川口町で、
街中に賑わいを取り戻そうと始まった「よってげてぇ~ふれあい市」で、
冬を除く期間中、毎月足を運び宇都宮餃子で川口町を応援してきました。
と、前置きが長くなりましたが、久しぶりの餃子隊。
焼きの勘を取り戻すのに時間はかかりませんでした。
少し風のある中でしたが、かじかむ手を温めながら餃子をパックに詰めました。
DSC04686_convert_20081223131038.jpg
餃子の横では、栃木特産の梨“にっこり”の無料提供もありました。
オルとちメンバーの実家で作っているもので、被災地の皆さんへと持ってきたものです。

伝創館内では、くりこま高原自然学校の皆さんによるブースもありました。
また、「みやぎ学生足湯隊」による、足湯の提供も開催されました。
20081214_kurikoma_(4)_convert_20081223131208.jpg
先月末にくりこま応援の会で初めて行った足湯。
腕をあげ、多くの皆さんの体と心を温めてくださいました。
ありがとう!足湯隊の皆さん。

[2008/12/21 22:50 ] | イベント
ボランティア募集!
栗駒山は、すっかり雪に覆われて真っ白な雄大な姿を見せてく
れています。
今週末に仮設住宅で作業行う事になりました。
作業に参加されるボランティアの募集を行います。
参加ご希望の方は、下記までご連絡ください。

期日 12月20日(土)、21日(日)
時間 9:00~16:00(変更の可能性あり)
集合場所 9:00 栗原市花山支所前
     (場所が不明な方は、応援の会に8:00集合)
持ち物 作業ができる服装、手袋、(ある方は)ヘルメット
    昼食、飲み物
    ※ある方は、持参の協力お願いします。
     金づち、ノコギリ 
その他 屋外での作業となりますので防寒対策をして来て下さ
い。
ボランティア保険には、各自で必ず加入してきて下さい

作業には人手が必要となります。多くの方の参加・協力をお待
ちしております。


≪問い合わせ・参加申し込み≫
電話:024-954-7959まで
(ハートネットふくしま留守番電話対応の時有り)
応援の会は、常駐者不在ですのでメールにて連絡ください。
メール:kurikomakouei@yahoo.co.jp

[2008/12/18 19:50 ] | 活動
仮設暮らしの不便さを補おう ~風除室設置ボラ~
地震により、我が家に戻れずに仮設住宅で新年を迎える栗原市の
花山地区・耕英地区の被災者の皆さん。
世の中の不況の風が疲れた避難生活に追い打ちをかけます。
そのうえ栗駒山からの北風をまともに受ける被災者の皆さんの
仮設暮らしの不便さを補おうと、ボランティアが動きました。
DSC04635_convert_20081209225641.jpg

今回の仮設住宅には、高齢者用にスロープが設置されました。
しかしながら、斜度が当然あり、どうしても隙間が生じてしまいます。
北からの風をもろに受けながら冬を暮らすことになります。
風だけではなく、勿論雪も吹き込みます。
冬の仮設暮らしを予想できなかったのが残念です。

高齢者ばかりの世帯で、風除けを取り付ける労力も難しく
そして材料を購入するにも、私財を切り崩してのぎりぎりの生活からは難しいところです。

そんな、仮設暮らしの不便さを解消しようと今週末の13,14日と
20日に風除室の設置作業をボランティアで行います。
13,14日は花山地区の仮設、20日は耕英地区の仮設で作業を行います。
作業への参加者及び資材購入費の募集をします。
皆さんのご協力をお待ちしております。
詳しくは、024-954-7959まで
(ハートネットふくしま留守番電話対応の時有り)
応援の会は、常駐者不在ですのでメールにて連絡ください。
:kurikomakouei@yahoo.co.jp


[2008/12/09 23:02 ] | 活動
徒然と・・
徒然と・・

11月上旬までくりこま応援の会のスタッフとして活動していた尾澤君の送別会のひとこま。
DSC00486_convert_20081205201826.jpg

10月の新潟県小千谷市で開催された「地域復興交流会『心の駅』」において
オールとちぎが宮城県くりこまで被災地復興支援活動をしていることの紹介があり、
その活動に賛同していただいた参加者の皆様から多くの募金を預かってきました。
その小千谷市ほか新潟県で活動されている方々から預かった募金を、
宮城県のくりこまに届けさせていただきました。
おぢや元気プロジェクトの皆さん、中越の皆さん、ありがとうございました。
[2008/12/05 20:20 ] | 未分類
外は寒いが足湯でぽかぽか   くりこまで足湯
11月30日、くりこま応援の会を会場に、「みやぎ学生足湯隊」のみなさんが
耕英地区の避難住民向けに足湯のサービスを実施してくれました。

外は風が冷たい一日でした。足元からあったまり、こころもからだもぽかぽか!
足湯が終わって談笑中のみなさんです。
20081130_ashiyutai_(3)_convert_20081202200422.jpg


 足湯に浸かっている間は、手もみマッサージも。真剣な様子の足湯隊Dくん。
20081130_ashiyutai_(1)_convert_20081202200653.jpg


 こどもたちは、たらいのお湯で大はしゃぎ。
足湯隊Sくん、ちょっと待った!の声もでず・・・あぁ~
20081130_ashiyutai_convert_20081202200819.jpg

 手もみマッサージを練習するMくんとkくん。
20081130_ashiyutai_(11)_convert_20081202200929.jpg

 今回参加の足湯隊のメンバーです。
 足湯がひと段落して、カレー提供の前に通信の帳合を手伝ってもらいました!
 紅一点が代表のSさん。みんな、ありがとう~^^!
20081130_ashiyutai_(13)_convert_20081202201121.jpg


また、今回の活動が河北新報に掲載されました。
「足湯でホッ 学生が栗原の住民慰問」
購読されている方は、是非チェックしてください!




[2008/12/02 20:19 ] | 活動
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。